風俗店はサービス業チームの努力がリピーター客を増やす

>

お客さんの質を見極めて有効な時間作りを

出入り禁止客を切り捨てろ

お客さんの見極めとは一部のお客さんを捨てることです。
これはタイトルのリピート客の獲得に相反する方法であるように思われます。しかし風俗では女の子にどんなことをしてもいいということではありませんよね。業種によってもサービスのラインがあり、AVまがいの非常識な行為が必ずしも女の子にウケるわけでもありません。このように女の子のモチベーションが低下してしまうようなお客には出入り禁止体制を敷くのも無理はないと思います。このようなお客さんとの付き合いを大事にするより良客のリピーターさんや新たなお客さんに時間を使ったほうが間違いなくいいでしょう。チーム全体のモチベーションが下がってしまうのはお店の経営にマイナスになります。かなり勇気のいる対応になりますがお店全体を守る意味でもお客さんを選ぶことも時には必要です。

良客は絶対に逃すな

「お客さんを選ぶ」という段階に到達するには時間を要することでしょう。老舗で良客が絶えないのであれば何も言うことはありませんが、比較的歴史の浅い店舗ではそこそこのお客さんに認知されなければ難しい部分もあるので石の上にも三年、我慢を重ねその時が来るのを待つ必要がありますが、その間にやってくる良客を逃してはありません。
今まで女の子の努力、スタッフの努力に触れてきましたが良客に対しての対応には更に「親しみ」を込めましょう。顧客リストに記名し電話やメールで問い合わせが来れば「〇様、いつもありがとうございます。」などの声掛けもいいでしょう。女の子はブログを使ってお礼やまた会いたいなどの文面を記載することもいいでしょう。とにかく良客を逃さない工夫を考えましょう。


この記事をシェアする